先輩社員の声

OUR EMPLOYEES

研究開発職 Y.Oさん 2021年入社(新卒)

現在の仕事内容とやりがい

現在は研究開発グループで新しい特性をゴムへ付与することができる添加剤の配合開発を行うとともに、それを実際にゴムへ添加して物性を評価し、お客様へ紹介する業務をメインに行っています。
業務の中でやりがいを感じるのは、自分が担当している製品をお客様に使用してもらい、「良かった!」と言ってもらえた時です。
以前にユーザーを訪問した際、「当社の製品を使用したことで作業改善した!」と喜んでいただいたことがありました。
その時に研究開発は新製品を完成させるのが目的なのではなく、”ユーザーが実際に使って満足すること”が目的であり、やりがいであることに気付かされました。
今後も自分が関わった製品でお客様に喜んでもらえるよう、努力していきたいと思います。

先輩からの就職アドバイス

これまで自分が一番興味を持って学んだことについて(研究内容や専攻分野など)、はじめて会う人にも理解してもらえるように簡潔に説明できること、それを踏まえて自分の学んできたことが会社にどう活かせるのか・どう貢献できるのかをアピールすることが重要だと思います。
そして何より、その会社へ入りたい熱量を見せることが大切だと思います。

精工化学について

B to Bの会社なので世間の知名度はあまり高くないですが、ゴム業界ではかなり有名な会社です。
ゴムの研究は古くから盛んであったので昔の文献を調査することも多く、その際に当社の社名や諸先輩の名前を
よく目にします。このように培ってきたノウハウや文献が豊富なところは自慢できる点です。
職場の雰囲気ですが、私が所属する研究開発部はとても和やかな雰囲気で、話好きな人が多いです。
休憩時間はプライベートなことを話す機会も多く、結果的にコミュニケーションが取りやすく仕事も進めやすい環境です。
その他の部署も和やかな雰囲気なので、職場環境はとても良いと感じています。

一番うれしかったこととこれからの夢

研究を進めていくと必ず課題が出てきます。それに対してこれまでの経験や知識に基づいて実験計画を立てて、課題解決を試みます。
ゴムは未解明なことが多く非常に複雑なものなので、もちろん失敗も多いのですが、そんな中で予測通りの結果が出て課題解決できた時は本当にうれしかったです。
今後はこれまでの開発品配合決定の経験を活かして、新規開発品とその特許取得を目指しています。
従来の添加剤では解決できなかった課題を解決できるような製品を世に送りだせるよう、開発業務を続けていきたいです。

仕事をする上で心掛けていること

コミュニケーションをできるだけ取るようにしています。
自分と異なるバックグラウンドを持ったメンバーとコミュニケーションを重ねることで、
凝り固まってしまった自分の考え以外にもアイデアやそのヒントを得ることができ、研究活動の大きな指針になることが多いため、
どんな些細なことでもコミュニケーションを取るよう心掛けています。

オフの過ごし方

休みの日は外に出かけることが多いです。
昨年にクロスバイクを買ったので、サイクリングをしたり、最近は普通免許を取ったのでドライブをしています。

ページの先頭に戻る